片平里菜 RINA KATAHIRA OFFICIAL WEBSITE

DISCOGRAPHY

Print

5thシングル「誰にだってシンデレラストーリー」

2015年8月26日(水)リリース

 

■CD収録内容:
01. 誰にだってシンデレラストーリー
02. スターター
03. サマ―キャンプ

 

■初回限定盤(CD+DVD)/PCCA-04276/\1,800+税
■通常盤(CD ONLY)/PCCA-04277/\1,200+税
■初回限定盤DVD収録内容
ライブ映像&ライブドキュメンタリー
(片平里菜 弾き語りワンマンツアー2015〝最高の仕打ち〟@TSUTAYA O-EAST)

 

■封入特典:
・フリーライブチケット
・「誰にだってシンデレラストーリー」弾き語りコード譜
※フリーライブチケットをお持ちの方はリリース記念フリーライブの際に行うサイン会にご参加いただけます。
(東名阪での開催を予定。詳細は公式サイトにて近日発表いたします!)

 

■予約特典:
「誰にだってシンデレラストーリー」オリジナル・タトゥーシール
※店舗によっては対象外の場合がございます。あらかじめご購入される店舗にご確認のうえご予約ください。

ご購入はコチラ!

bn_amazonbn_hmvbn_towerbn_tsutaya7netバナー110x30

誰にだってシンデレラストーリー/ ライナーノーツ

片平里菜の2015年第2弾シングル『誰にだってシンデレラストーリー』が、いよいよ8月26日にリリースされることが発表された。昨年の1stアルバム『amazing sky』でデビュー前からの創作活動にひと区切りを付け、今年2月の4thシングル『誰もが / 煙たい』ではシンガーソングライターとしての新たな側面を提示した片平。半年ぶりの新曲となる今作は2ndシングル『女の子は泣かない』にも通ずる、恋に仕事にとがんばる女性の背中を押す応援歌的ナンバーだ。

ご存知の通り、『女の子は泣かない』は片平が世間に名を知らしめるきっかけとなった代表曲と言える楽曲で、ライブでも観客の大合唱が自然発生するキラーチューン。片平と同年代の女性のみならず、年下の中高生までもがこの曲に共感し歌う様は、ある種圧巻とさえ言える。そして一歩外に出ると、発売から2年以上たった今でも世間では『片平里菜=女の子は泣かない』というイメージが強い。もちろんこれはありがたいことではあるが、彼女の多彩さを世間にアピールするにはさらにもう1つ、一般のリスナーに訴えかけるような楽曲が必要なのかもしれない。

そういった意味では今回の『誰にだってシンデレラストーリー』が持つポップなアレンジ、親しみやすいメロディと2段構成でインパクト大なサビ、物語性が強く同性からも共感を呼びそうな歌詞は、膝を叩いて「待ってました!」と叫びたくなるような作品。もちろん『女の子は泣かない』の単なる焼き直しではない。ここには同曲を10代で書いてから数年経ち、23歳となった片平が表現する世界が表現されているのだから。

ソングライターとして一段と成長した『誰もが / 煙たい』に続いて放たれる『誰にだってシンデレラストーリー』からは、自分の内面を音楽で表現するシンガーソングライターとしての側面と、テーマに沿った楽曲をきっちり作り上げる作家としての側面がバランスよく混在している。そういったアーティストとしての成長が世間にどう評価されるのか。『CDTVスペシャル』での楽曲初披露後の反響が非常に気になるところだ。